猫を保険に入れないとこんなデメリットがあります

猫を飼育する数が年々増加しています。2017年以降は、犬の飼育数を上回ったという調査結果もあり、空前の猫ブームが来ています。猫の飼育数が増加することで、猫のケガや病気に備える保険も充実してきています。そこで、猫用の保険の必要性について、詳しく説明します。猫用の保険というのは、飼い主がその猫用の保険に加入していると、家族の一員とする大切な猫がケガや病気をした際に給付金の受け取りが可能になるという仕組みです。猫の飼い主は、その給付金を使って治療費とすることが出来ます。しかし、一方では保険に入り、給付金を受け取るためには、一定の保険料を毎月、あるいは毎年支払う必要があります。大切な家族の一員である猫がケガや病気になった時にその保険からお金が受け取れるのは、とても助かりますが、保険の内容も様々です。

猫用の保険の保障内容とメリット

猫用の保険にも様々なものがありますが、保障内容には次の物があります。猫が通院した場合の保障、猫が入院した場合の保障、猫が手術した場合の保障、猫が亡くなった場合の保障などです。猫は、病気になる確率も高く、一度の病気に掛かる費用も高額であることが多いため、保険に加入することを検討する価値は十分にあります。猫用の保険に入るメリットは、治療費が高額な病気にかかった時、その高額な治療費に応じた給付金を受け取ることが出来ることです。高額な治療費の経済的負担を軽くすることが出来ます。それに付随して、メリットになることは、保険に加入しているという安心感から、お金を気にせず、動物病院にすぐに連れていくことが出来ることです。病院に行くことを躊躇ってしまうと、手遅れになってしまうことも少なくありません。保険に加入していれば安心です。

猫用の保険に加入した場合のデメリット

猫用の保険に加入することで得られるメリットはたくさんありますが、当然、デメリットも考えなくてはなりません。まず、一番のデメリットは、保険料の支払いがあるということです。自分の飼っている猫が高齢の場合や、保障内容が充実してくると、支払う保険料も高くなります。必要な保障内容と保険料の支払いのバランスをしっかり考えることが重要となります。保障内容については、治療費の全額が保証されるわけではありません。治療費の50パーセントから70パーセントくらいが保証される内容の保険がほとんどです。また、手術などを受ける場合、回数や保証金額に限度があるなど注意が必要です。そして、猫用の保険にも免責があるという点にも注意してほしいです。加入1か月の免責や、既往歴や先天性の異常など免責といった、免責にもいくつか種類があります。そういった場合は、給付金を受け取れなくなることがあるので注意して下さい。