猫の保険の種類とその費用の相場を説明します

ペットの猫を家族同様に考えて大切にされている方は多いものです。毎日の世話はもちろん飼い主がすることになりますが、充分に気をつけていても、やはり人間とは違うので、想定外の動きや行動をすることも多いです。特に、猫の場合は外に頻繁に出ていくことも多いですし、家の中だけ飼っている場合でも何かの拍子で怪我をしたりすることもあるのです。また、何か食べた物にあたり、体調が不良になる場合もあります。人間であれば薬を飲んで様子を見ることもありますが、言葉を喋ることができない動物の場合ですと、対処が遅れてしまうと命に関わるようなことになってしまうことがあります。また、一般的に人間がかかる医者とは全然違う動物病院での診療になることが多く、保険に入っているかどうかで費用もかなり変わってきます。

猫などのペットの保険は需要が高いです

ペットの猫が急な怪我や病気になってしまった時に、安心できる対応をしてくれるのがペット用の保険です。昔はこのような制度が無かったので、診療や治療に人間のような社保や国保といった健康保険が使えず、全額負担となりかなり高額になってしまうことが多かったのです。骨折やちょっとした病気でもすぐに何十万円となってしまうことも多く、飼い主も頭を悩ませていましたが、ペットに特化した保険が登場したことで、もしもの時でも安心できるようなペットのための制度が生まれました。近年ではペットブームということもあり、猫や犬などあらゆるペットに向けての需要が見込まれることで、この業界にもたくさんの業者が参入してきています。その中から最適な保険を選んで安心できるペットライフを過ごすことができるのです。

猫の状況に合わせて最適なペットの保険を選ぶ

猫などのペットの保険には、大きく分けるとPS保険とFPC保険があります。PSは掛金が安いのですが、1日あたりの限度額や日数の制限もあるなど治療の費用負担割合も高めですが、FPCは掛金がもう少し高くなりますが、制限も少なくいろいろなペットの病気に網羅して補償をしてくれるタイプのものです。それでも毎月の支払いは2000円前後くらいからが多く、万が一の怪我や病気での費用の補償が受けられて安心ですし、もしも高額な診療費だった場合でも、負担軽減をしてくれるので助かります。状態によっては手術や長期入院などもあり、抗がん剤などの高度治療になることもありますので、医療費の負担軽減があるのは家計にとってもメリットが大きいです。飼っている猫の年齢や持病などの状況に合わせて、最適な補償を選ぶようにすることが必要です。